読み物

セトウチプラスで何買った?
お土産にもできる!エディターのリアルバイ5選

セトウチプラスで何買った?<br>お土産にもできる!エディターのリアルバイ5選

気が付けば2022年もあと幾日。あっという間に駆け抜けていった1年は「SETOUCHI+」の取材であちこちへ飛び回った刺激的な1年でもありました。今回は2022年の総括とも言うべく、「SETOUCHI+」のエディター自ら惚れ込んだ、お土産にもおすすめするアイテムの一部をピックアップ。仕事は年末進行だし、大掃除もあるし、帰省もある。それぞれの予定で忙しい中、ゆるっと読んでいただければ幸いです。広島生まれ、広島育ち、瀬戸内はいつも身近。私的な好きやこだわり、つまり、偏愛、本気のいいもの、綴ります。

 

 

PROFILE 
大須賀あい

大学院在学中より、広島県内某局のラジオパーソナリティーを務めたのち、フリーの編集者・ライターとして独立。以後、広島を拠点に雑誌やムック本、新聞、WEBなどで企画制作・取材・ライティングを手掛けるなど幅広いジャンルで活動中。「SETOUCHI+」では、読み物文章担当。海と本と音楽が好き。小学生男児2人の母。

#1 コサクウの人生最高ジャム

 尾道市向島に工房を持つ「季節のジャムと日々のおやつ『cosakuü(コサクウ)』」さんのジャムに出合ってから、朝ごはんが待ち遠しくなりました。家族のご飯はつくるけれど、いざ自分用にとなると、立ったまま子どもの食べ残しを口に入れるだけ。それほど毎日が慌ただしく、座ってご飯を食べる時間さえもったいない。不健康極まりないのは理解していましたが、自分が自分につくるご飯って、味がわかっているからこそ味気なく感じることも。

 

 

 

 

 そんな食生活を見事に変えてくれたのが「コサクウ」さんのジャム。世の中に「こんなに美味しいジャムが存在したのか!!しかも瀬戸内で!そして広島で」と、心の中で叫んだことは、まだまだ記憶に新しい出来事です。季節毎の果実や野菜を、ギュッとまるごと詰め込んだジャムは、瀬戸内のおいしいがスパーク。まるで果物そのままを食べているような食感と味で、スーパーで買ういつものパンが100倍おいしくなるのです。

 

 

 

 

お気に入りのパン屋さんのパンがあれば、尚更良し。「コサクウ」のジャムを食べたいがゆえに、早起きできる。忙しくてもパンに塗るだけ。まるごとフルーツを頂いてる気分。つまり、私史上、人生最高ジャムなのです。

>>コサクウのジャムを見る

 

 

#2 それどこの?って必ず聞かれるSILVERのバッグ

「SETOUCHI+」には粋なファッションアイテムも揃っています。なかでも、尾道市にファクトリーを置く「SILVER」のバッグは、週5、いや週7、つまり毎日活躍中の手放せないアイテムになっています。実は、個人的に4つの型をリアルバイ。買いすぎじゃないかと突っ込まれても仕方がありませんが、好きなんだからしょうがない。

 

 

 

 

白(生成り)という潔いシンプルさは、どんなスタイルにも合う。とにかく丈夫。型崩れしない。お家に帰ってポンと床に置いても、なぜかインテリアとして成立してしまう美しい佇まい。帆布のバッグは使い方次第で、くたびれ感が出てしまうこともありますが、「SILVER」製品はいつもシャキッと背筋が伸びるようなスタイリッシュさがあるのです。

 

 

 

 

私的に一番登場回数が多いのは「PABLO」。ちょっとそこまでにちょうどいいサイズ感。一番嬉しいのは、買い物に行った際、アパレルショップの店員さんに「それ、どこのバッグですか?」と、かなりの頻度で聞かれること。「イエス、これは尾道のクールでイケてる(もはや死語)ブランドなんですよ」と、答える私は鼻高々。

>>SILVERのバッグを見る

 



#3 置くだけでかわいいwatariteの陶器オブジェ

おうちインテリアをおしゃれにしたい。けれど、SNSで見かけるようなおしゃれ小物を、どう置いて、どう飾ればいいのだろう。そんな悩みを持つ人は、きっと私だけじゃないはずです。とりあえず、置いてみるだけでサマになる。そんな小物をお探しなら温もりある陶器アイテムを展開する「watarite」でぜひどうぞ。

 

 

 

 

陶器ツリーとハウスのセットは、クリスマス仕様として販売されましたが、「watarite」オーナーの岡田さん曰く「年中使ってもらっても、全く問題ありません。むしろ使ってほしい」とのお返事が。確かに、深いブラウンツリーとホワイトのミニハウスは、シーズンレスで使えるお色です。

 

 

 

 

クリスマスが過ぎたいま、我が家では壁の一部スペースに位置。フィンランド発の白くま貯金箱(私物)とも相性良し。ナイス!

>>watariteの陶器オブジェを見る

 

 

#4 混ぜて焼くだけマタンサンブレのおやつのもと

お菓子づくりは苦手です。これまで上手につくれた試しがなく、スイーツづくりとは無縁の人生を送ってきました。はりきって時間をかけ作ってみても、形も味もなんだかいまいち。そんな悲しいスイーツづくりとさよならさせてくれるのが尾道市の人気カフェ「マタンサンブレ」のミックス粉。

 

 

 

 

 

SETOUCHI+」では、パンケーキミックスとスコーンミックスが販売されていますが、ぜひ推したいのがスコーンミックス。生クリームとミックス粉を混ぜて、軽く成形し、オーブンに突っ込むだけ。なのに、自分がつくったとは思えないおいしいおやつが完成するのです。

 

 

 

 

ほんのり甘くて、ホロッと崩れる。おやつにも、朝食にもいい。料理下手にとって難題カフェグルメが、簡単につくれてしまいます。騙されたと思って、ぜひ一度つくってみてください。これであなたも、おやつづくり名人です。

 

>>マタンサンブレのミックス粉を見る

 

 

#5 手土産に困ったときの救世主はONOTENで決まり

お土産、そして手土産って難しいものです。ちょっと小粋で、価格も安すぎず高すぎず、話題性もほしい。その手土産需要のいいとこどりを押さえているのが尾道に本社を置くフライメーカーの老舗「まるか食品」の「ONO TEN」です。箱の中には5種類の瀬戸内に関するフレーバー入り。レモン、ライム、トマト、オリーブ&ビネガー、トリュフ塩、それぞれ全ての原料に瀬戸内エリアでとれる素材を使用。ご当地愛が大爆発している、フライスナック(おつまみ)です。

 

 

 

 

1つ1つ個包装され、パッケージにはほんのり高級感。お世話になった人、ちょっと挨拶したい人へのちょこっとギフトにいつも悩んできましたが、「ONO TEN」を贈れば間違いなし。しかも軽い。軽量であるって、お土産&手土産でとっても重要なポイントです。

 

 

 

 

というわけで、私の「こんにちは」も「ありがとう」も、全て解決してくれた瀬戸内のフライスナック。「おいしい」のは当たり前。来年もきっと、私の手土産シーンで大活躍してくれることでしょう。

>>まるか食品のONO TENを見る

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい

その他おすすめの記事

Related Posts

国内トップシェアの産地から全国のデニム好き男性に送る!<br>ONOMICHI SHAREで聞くデニムエプロンの魅力
国内トップシェアの産地から全国のデニム好き男性に送る!
ONOMICHI SHAREで聞くデニムエプロンの魅力
デニムの産地といえば岡山を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、実は、国産デニム生地の製造率ナンバーワンは、広島県福山市。染色や織布、加工、縫製といったデニム製品を製造する全ての工程を担う企業が集積する、まさにデニムの聖地です。「SE...
Read More
【特集】瀬戸内から贈るありがとう<br> 父の日おすすめプレゼント2023
【特集】瀬戸内から贈るありがとう
父の日おすすめプレゼント2023
2023年の父の日は、6月18日(日)。今年も「SETOUCHI+」では、お酒の好きなお父さんにおすすめのビールやおつまみ、ネクタイやバッグなどのファッションアイテムまで、瀬戸内エリアのクリエイティブが集結した、バラエティー豊かな人気...
Read More
【コラム】母の日に贈って喜ばれるプレゼントとは?<br>エディターが選ぶ2023年の厳選ギフト3選
【コラム】母の日に贈って喜ばれるプレゼントとは?
エディターが選ぶ2023年の厳選ギフト3選
刻々と近づく母の日。まだプレゼントが決まっていない、選ぶ時間もないほど忙しい。毎年のプレゼントがマンネリ気味。そんなお悩みに答えるべく、「SETOUCHI+」エディターが2023年の母の日ギフトをレコメンド。瀬戸内のクリエイティブなプ...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る