読み物
広島県尾道市
夕暮れ時の船の旅
3分間の黄昏クルーズ
夕暮れ時の船の旅<br>3分間の黄昏クルーズ

尾道本土と対岸の向島の間では、渡し船が頻繁に運行されています。この航路は、地元の人々にとって通勤通学に欠かせないもの。もちろん、サイクリストや観光客にも利用されています。朝昼晩と休みなく運行している渡船ですが、夕暮れ時の航路は格別。尾道水道に沈みゆく、オレンジ色の夕日と海風を感じる、たった3分間の絶景クルーズへご案内します。

 

 

 

 

本土と向島にかかる渡船は、現在3本。中でも尾道市土堂の海岸通りに立つ「福本渡船」は、現在運航している最も歴史の長いフェリーです。赤褐色の桟橋と看板からは、古い歴史が感じられます。

 

 

 

 

片道運賃は大人60円、小児30円。チケットを購入する必要なく、向島の船着き場で支払います。電子マネーやクレジットカードは使えませんが、小銭をチャリンと渡す瞬間は、現代ではなかなか経験できないクラシックさ。

 

 

 

 

乗船時間は、約3分間。海を滑るように走る渡船からは、雲間に浮かぶ太陽がくっきりと。

 

 

 

空が夕焼け色に染まり、あたり全体を照らします。

豪華でも、派手でも、陽気な音楽もない。
ただそこにあるのは、渡船にまつわる生活音と、それぞれの日々を暮らす人々の往来。

 

 

 

 

何か目的を持たずとも、渡りたい。街から街への船の旅。

単なる移動手段ではなく、に乗ることそのものが旅の思い出になる。そんな稀有な楽しみこそが、瀬戸内的スローライフ。
3分間で何を思い、何を感じ、どんな夕日が顔を出してくれるのか。

ただそれだけのための渡船黄昏クルーズ。

夕焼け尾道は、どんな人も優しく包み、明日を照らしてくれます。

 

 

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい

 

その他おすすめの記事

Related Posts

Hyaku <おのみちクリエーターズマーケット>テキスタイルバッグ
Hyaku <おのみちクリエーターズマーケット>テキスタイルバッグ
尾道から発信するテキスタイルブランド「Hyaku(ヒャク)」はテキスタイル作家、廣瀬百子さんの「百」から名付けられたブランドです。目が覚めるようなカラフルな配色と、まるでアートのような繊細なモチーフが特徴的。「いつもをハレの日に」をコ...
Read More
はじめるなら尾道がいい 尾道への移住ではじまる、マイペースなクリエイティブライフ。
はじめるなら尾道がいい 尾道への移住ではじまる、マイペースなクリエイティブライフ。
 SETOUCHI+10月特集は「 はじめるなら尾道がいい。」と題し、尾道に移住し、モノ作りをはじめた女性作家3名を特集します。  今、注目の「移住」。尾道を移住地に選び、町に背中を押され、自分のしたかったモノ作りを始めた3人。その作...
Read More
尾道から発信するテキスタイル 外出が楽しくなる無敵のバッグ
尾道から発信するテキスタイル 外出が楽しくなる無敵のバッグ
新進気鋭のクリエイターが集まる尾道から発信するテキスタイルブランド「Hyaku(ヒャク)」が、いま注目を集めています。テキスタイルというと、バッグや洋服などのファッション小物から始まり、ポーチやハンカチまで、私たちが日常的に手に取り使...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る