読み物
愛媛県今治市大三島
神が宿る大三島の聖なる神社
神が宿る大三島の聖なる神社

愛媛県最北端の大三島。しまなみ海道のちょうど中心にあたるこの島に、四国随一のパワースポットと名高い神社があります。古代から神の島とも呼ばれるのは、日本総鎮守の大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)が鎮座することに由縁。心持ち穏やかに手を合わし、神聖な空気を実感する旅へ。

 

 

 

しまなみ海道、大三島ICから車で約15分。

島シシレザー「Jishac」の工房を訪れた後、ふと足が向き大山祇神社へ。

この場所に何度も足を運びたくなる理由は、言葉で表せない何かがあります。

 

 

大山祇神社は、全国の山祇神社、三島神社の総本社でありながら、山の神様、海の神様、戦いの神様として広く知られています。

 

 

境内には、国の天然記念物に指定されている、想定樹齢約2600年の大楠の御神木が。

言い伝えでは、息を止めて木の周りを3周すると、願いが叶うとか。

 

 

壮大な拝殿。立派なつくりに身震いさえ覚えます。

 

 

本殿にくると、大三島という聖域ならではの、ひときわ凛とした空気に包まれます。筆舌に尽くしがたいとは、きっとこういう感情を指すのでしょう。

 

 

静かに参拝し、おみくじを。参拝客の願いが、祈りを込めてギュッと結ばれています。

 

 

隣接する宝物館も、ぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。

全国の国宝や重要文化財の指定を受けた武具の8割が収蔵されています。武将や歴史にあまり興味がなくとも、その圧倒的収蔵品の数々に驚いてしまうことでしょう。

歴代の朝廷や多くの武将から、戦闘祈願の信仰を受け、その証として数々の武具が奉納されてきた大山祇神社。源義経や源頼朝が奉納した甲冑、歴史上人物の奉納品が展示されています。

 

 

帰り際に、御守りを1つ。戦いの神とあって、祈るように授かりました。あの村上海賊も、出陣前は、武運や海上交通の安全を祈り、この大山祇神社で神事を行っていたそうです。

きっとここぞというときに、守ってくれるはず。その他、御朱印はもちろん、サイクリストのためのヘルメット御守りが用意されています。しまなみ海道ならでは御守りです。

 

 

もう1つ忘れてはならないのが、本殿から少し離れた場所にある、生樹の御門。こちらはまた後日、ゆっくりとご紹介したいと思います。

 

幾世代もの永い時を超える場所は、特別な空気感をまとっています。目には見えない、浄化という旅。日々の疲れを取るだけでなく、帰るときには心も体も生まれ変わったような体験を大三島で。

 

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい

その他おすすめの記事

Related Posts

セトウチプラスで何買った?<br>お土産にもできる!エディターのリアルバイ5選
セトウチプラスで何買った?
お土産にもできる!エディターのリアルバイ5選
気が付けば2022年もあと幾日。あっという間に駆け抜けていった1年は「SETOUCHI+」の取材であちこちへ飛び回った刺激的な1年でもありました。今回は2022年の総括とも言うべく、「SETOUCHI+」のエディター自ら惚れ込んだ、お...
Read More
ドリンクもお土産もオール柑橘 <br>尾道発!カンキツスタンドオレンジ
ドリンクもお土産もオール柑橘
尾道発!カンキツスタンドオレンジ
しまなみ・尾道を代表するフルーツといえば、さまざまな柑橘類。その柑橘をコンセプトにしたジューススタンド「カンキツスタンドオレンジ」がJR尾道駅舎内にオープンし、今や尾道の新名所に。柑橘ジュースの飲み比べ、柑橘を使ったお土産…、これまで...
Read More
深く青いせとうちブルーを日常に <br>本物の藍染を届ける海色空色工房
深く青いせとうちブルーを日常に
本物の藍染を届ける海色空色工房
 太陽を反射し輝く穏やかな海の青、晴天の澄んだ空の青、瀬戸内に暮らしていると、日々さまざまな青に包まれます。その景色や文化を、「ジャパンブルー」とも称される藍染で表現するのが、尾道市向島に工房を置く「海色空色工房」です。今もなお、自然...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る