読み物
広島県尾道市
用水路に泳ぐ可憐な金魚
用水路に泳ぐ可憐な金魚

尾道の街中では、用水路に金魚が泳いでいる。まことしやかに囁かれる噂は、嘘か誠か夢か現か。金魚が泳ぐゆかしき光景は、水尾町通りにありました。

 

 

SILVER」で帆布バッグのカスタムオーダーをお願いした帰り道、少しフラッと寄り道さんぽ。商店街付近をぶらり散策。

ここは水尾町通り。尾道市役所付近から商店街に向けて南北にのびる道です。

 

 

その昔、井戸から流れ出た水が尾のように見えたことから、この名前が付けられらたそうです。尾道には、海から山にかけて、小さな通り(小路)がたくさん点在しています。そのすべてに、歴史を紐解く名が付けられているのです。

 

 

毎年夏になると、水尾町通り近辺では「水祭り」が開催され、多くの人で賑わいます。江戸時代からの歴史を持つ、尾道の夏の風物詩です。夏祭り、浴衣、ヨーヨー釣り、金魚すくい、りんご飴…。日本の短い夏を思うと、少しばかり切なさがこみあげてきます。

 

 

そんなことを考えながら通りを歩いていると、幅20センチほどの水路に、サッと何かが動く影が。

 

 

金魚?? それも、1匹だけでなく何匹も。水槽で泳ぐ金魚でなく、水路に泳ぐ金魚です。

水は綺麗に透き通っています。井戸が多い、尾道ならではが成し得る光景かもしれません。

 

こちらの金魚、ご近所の方が飼われているとか、いないとか。

飼うという表現よりも、自然と愛されているといったほうが正しいかもしれません。

 

 

少し成長した金魚の様子から、長く大切にされていることがわかります。

 

水の中を涼しそうに泳ぎ回る金魚の姿は、旅の疲れをふと忘れさせてくれるものです。

ひとつずつ辿るように歩けば、観光名所とはまた違う尾道の日常風景が待っています。

 

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい

その他おすすめの記事

Related Posts

Watarite 陶器アクセサリー
Watarite 陶器アクセサリー
カラフルな色彩に、どこか北欧の雰囲気を感じるモチーフ。尾道の小さな窯から生まれる陶器のアクセサリーは、どれも繊細で美しいものばかりです。肌馴染みがよく、温かい雰囲気を醸すブローチやネックレスは、毎日の装いにさりげなく取り入れたいもの。...
Read More
Hyaku <おのみちクリエーターズマーケット>テキスタイルバッグ
Hyaku <おのみちクリエーターズマーケット>テキスタイルバッグ
尾道から発信するテキスタイルブランド「Hyaku(ヒャク)」はテキスタイル作家、廣瀬百子さんの「百」から名付けられたブランドです。目が覚めるようなカラフルな配色と、まるでアートのような繊細なモチーフが特徴的。「いつもをハレの日に」をコ...
Read More
はじめるなら尾道がいい 尾道への移住ではじまる、マイペースなクリエイティブライフ。
はじめるなら尾道がいい 尾道への移住ではじまる、マイペースなクリエイティブライフ。
 SETOUCHI+10月特集は「 はじめるなら尾道がいい。」と題し、尾道に移住し、モノ作りをはじめた女性作家3名を特集します。  今、注目の「移住」。尾道を移住地に選び、町に背中を押され、自分のしたかったモノ作りを始めた3人。その作...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る