特集
広島県尾道市
尾道で360度の空中散歩
尾道で360度の空中散歩

街さんぽ、山さんぽも楽しいけれど、ふと思い立った時に、高台から尾道の風景を楽しみたい。そんな願いを叶えてくれる身近な場所が、尾道市内に存在します。そこはなんと「尾道市役所新庁舎」。入場は午前830分から午後9時まで。アクティブな旅の合間に、気軽に出会える絶景がここにあります。

 

尾道市の海沿い、海岸通りを歩いていると、まるで巨大な船舶かと思える壮観な建物に遭遇します。20201月に完成した、尾道市役所の新庁舎です。

 

 

訪れた日はたまたま夜。業務は終了し庁舎内は静まりかえっていますが、屋上展望台「おのみちルーフ」は、なんと夜9時まで開放。平日はもちろん休日も含め、誰でも入場可能です。嬉しいことに、入場料は必要なし!

 

 

エレベーターで5階へ上がると、開けた空間が現れます。腰掛けるベンチも常設され、まさに憩いの場。

 

 

西側には、行き交う渡船、ライトアップされた海辺、対岸の向島や、尾道水道が目の前に。

 

 

一目見ただけで土地の場所がわかる文字モニュメントは、フォトスポットしても抜群!ここで記念に1枚シャッターをきるのも旅の思い出に。

 

 

中央の発電施設の周りはグルッと360度周れる設計になっています。山々に佇むお寺など、尾道らしい景色も。

 

 

東側に回れば、新尾道大橋や尾道大橋。橋までを身近に眺められる場所は、なかなか希少かもしれません。

 

 

夜の展望デッキには、小さな証明がポツリ、ポツリ。夜ならではの、美しい演出も嬉しいです。

 

 

展望デッキだけでなく、1階のテラスからの眺めも抜群。夕景は特に、見逃したくない瞬間です。

 

 

2階バルコニーにも入場できるので、こちらもぜひお忘れなく。少し小腹が空いたので、「まるか食品」の「ONO TEN」をパクリ。外でも気軽に食べられるスナックや、テイクアウトのドリンクを持って訪れてもいいかもしれません。

 

太陽がゴキゲンな日には、一面ブルーの世界。これぞ、瀬戸内の自慢です。

 

時間ごとに違う表情を見せてくれる尾道ならではの風景を、行政施設で味わえる。尾道が持つ空間の包容力が細部まで行き届いた、魅力的なスペースへぜひ。

 

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい 写真提供/尾道商會 奥忠直

 

 

 

 

 

その他おすすめの記事

Related Posts

老楠に優しく包まれて<br>古を感じる最強パワースポット
老楠に優しく包まれて
古を感じる最強パワースポット
愛媛県大三島を象徴する大山祇神社。 日本総鎮守と呼ばれ、全国に一万社あまりの分社を持つ神社であり、しまなみ海道の中でも人気の観光スポットです。過去特集記事内でも神社について紹介しましたが、更に奥に入った地に立つ老楠の存在をご存じでしょ...
Read More
光る看板と音楽に誘われる<br>昭和の風情残す荒神堂通り
光る看板と音楽に誘われる
昭和の風情残す荒神堂通り
尾道の商店街を南北に繋げる小さくて細い路地。小路と呼ばれる数々の細道には、尾道の歴史を現した名がそれぞれに付けられ、ただの通り道ではない、風情と風格を放っています。今回ご紹介するのは「荒神堂通り」。昭和レトロが連なる小路を、ちらりと覗...
Read More
幸せを届けるデニム小物<br>サムシングブルーを身に付けて
幸せを届けるデニム小物
サムシングブルーを身に付けて
幅広い世代の人を魅了するデニム。ファッションにおける代表的な素材であり、季節を問わずおしゃれを楽しめる素材です。実は、広島県東部の福山市は、デニムの日本最大産地。デニム生地生産で国内シェアの7割以上を占める、まさにデニムパラダイスです...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る