特集
広島県尾道市
解放感たっぷりの新展望台
尾道の眺望が映える新名所
解放感たっぷりの新展望台<br>尾道の眺望が映える新名所

ここ最近の尾道で、新しいビュースポットと話題になっているのが、「千光寺公園」頂上エリアの新展望台です。65年ぶりに建て替えられた展望台の名は「PEAK(ピーク)」。瀬戸内の島々の眺望を思いきり楽しめる、新名所をご紹介します。

 

 

千光寺公園の駐車場から歩いて約5分。2022年3月にリニューアルされた新展望台は、大きくループした螺旋階段が特徴的です。青い空にモダンな建築がよく映えます。

 

 

登り階段はとても緩やかなので、小さな子どもやお年寄りまで、無理なく頂上に上がれるのも嬉しいところです。

 

 

登りきると、東西に広がる全長64メートルの展望デッキに到着です。海から吹き抜ける風が頬を優しくなぞり、思わず深呼吸。

 

 

デッキに立つ位置で、眺望が変化するのも新展望台の特徴です。東側には、尾道大橋を望めます。もちろん、尾道水道を行き交う船もはっきりと。高い位置から見る尾道の風景は、まるでミニチュアな箱庭を覗いているかのよう。絵画的な美しい景色を望めます。

 

 

西には、三原市方面、そして向島の造船所のクレーンがよく見えます。
空と海と山、3つのブルーが相重なる美しい尾道の景色です。

 

 

新展望台は、千光寺ロープウェイ降り口に直結しているため、ロープウェイ利用後すぐ、開放的な景色が目の前に見れるのも嬉しいポイントです。
また、エレベーターも完備されているので、車椅子やベビーカーでも利用できるバリアフリー仕様。


 

新展望台への入園は24時間可能です。その景色は季節や時間ごとに姿を変え、何度見ても飽きない美しさで、尾道を訪れる人の心を、これから癒してくれるでしょう。


綺麗な景色というものは人生を豊かにしてくれます。

瀬戸内にはまだまだ、私たちが想像もできないような絶景がたくさん。SETOUCHIを旅して周るスペクタクルを、新しい展望台からスタートしてみる。

尾道から発する新しい旅のカタチが、また1つ。瀬戸内の姿は、まだまだ進化していきそうです。

 

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい

その他おすすめの記事

Related Posts

光る看板と音楽に誘われる<br>昭和の風情残す荒神堂通り
光る看板と音楽に誘われる
昭和の風情残す荒神堂通り
尾道の商店街を南北に繋げる小さくて細い路地。小路と呼ばれる数々の細道には、尾道の歴史を現した名がそれぞれに付けられ、ただの通り道ではない、風情と風格を放っています。今回ご紹介するのは「荒神堂通り」。昭和レトロが連なる小路を、ちらりと覗...
Read More
幸せを届けるデニム小物<br>サムシングブルーを身に付けて
幸せを届けるデニム小物
サムシングブルーを身に付けて
幅広い世代の人を魅了するデニム。ファッションにおける代表的な素材であり、季節を問わずおしゃれを楽しめる素材です。実は、広島県東部の福山市は、デニムの日本最大産地。デニム生地生産で国内シェアの7割以上を占める、まさにデニムパラダイスです...
Read More
夕暮れ時の船の旅<br>3分間の黄昏クルーズ
夕暮れ時の船の旅
3分間の黄昏クルーズ
尾道本土と対岸の向島の間では、渡し船が頻繁に運行されています。この航路は、地元の人々にとって通勤通学に欠かせないもの。もちろん、サイクリストや観光客にも利用されています。朝昼晩と休みなく運行している渡船ですが、夕暮れ時の航路は格別。尾...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る