読み物
広島県尾道市
解放感たっぷりの新展望台
尾道の眺望が映える新名所
解放感たっぷりの新展望台<br>尾道の眺望が映える新名所

ここ最近の尾道で、新しいビュースポットと話題になっているのが、「千光寺公園」頂上エリアの新展望台です。65年ぶりに建て替えられた展望台の名は「PEAK(ピーク)」。瀬戸内の島々の眺望を思いきり楽しめる、新名所をご紹介します。

 

 

千光寺公園の駐車場から歩いて約5分。2022年3月にリニューアルされた新展望台は、大きくループした螺旋階段が特徴的です。青い空にモダンな建築がよく映えます。

 

 

登り階段はとても緩やかなので、小さな子どもやお年寄りまで、無理なく頂上に上がれるのも嬉しいところです。

 

 

登りきると、東西に広がる全長64メートルの展望デッキに到着です。海から吹き抜ける風が頬を優しくなぞり、思わず深呼吸。

 

 

デッキに立つ位置で、眺望が変化するのも新展望台の特徴です。東側には、尾道大橋を望めます。もちろん、尾道水道を行き交う船もはっきりと。高い位置から見る尾道の風景は、まるでミニチュアな箱庭を覗いているかのよう。絵画的な美しい景色を望めます。

 

 

西には、三原市方面、そして向島の造船所のクレーンがよく見えます。
空と海と山、3つのブルーが相重なる美しい尾道の景色です。

 

 

新展望台は、千光寺ロープウェイ降り口に直結しているため、ロープウェイ利用後すぐ、開放的な景色が目の前に見れるのも嬉しいポイントです。
また、エレベーターも完備されているので、車椅子やベビーカーでも利用できるバリアフリー仕様。


 

新展望台への入園は24時間可能です。その景色は季節や時間ごとに姿を変え、何度見ても飽きない美しさで、尾道を訪れる人の心を、これから癒してくれるでしょう。


綺麗な景色というものは人生を豊かにしてくれます。

瀬戸内にはまだまだ、私たちが想像もできないような絶景がたくさん。SETOUCHIを旅して周るスペクタクルを、新しい展望台からスタートしてみる。

尾道から発する新しい旅のカタチが、また1つ。瀬戸内の姿は、まだまだ進化していきそうです。

 

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい

 

 

尾道生まれのクラフトビールとおつまみ。

【おのみちビール】とおつまみ【ONO TEN】セット

https://setouchi-plus.jp/products/ono-ten-fathersset

 

尾道・しまなみの柑橘を使ったお菓子

【レモンと甘夏のピールチョコレート】

https://setouchi-plus.jp/products/brkikurin-peel-chocolate

その他おすすめの記事

Related Posts

Watarite 陶器アクセサリー
Watarite 陶器アクセサリー
カラフルな色彩に、どこか北欧の雰囲気を感じるモチーフ。尾道の小さな窯から生まれる陶器のアクセサリーは、どれも繊細で美しいものばかりです。肌馴染みがよく、温かい雰囲気を醸すブローチやネックレスは、毎日の装いにさりげなく取り入れたいもの。...
Read More
Hyaku <おのみちクリエーターズマーケット>テキスタイルバッグ
Hyaku <おのみちクリエーターズマーケット>テキスタイルバッグ
尾道から発信するテキスタイルブランド「Hyaku(ヒャク)」はテキスタイル作家、廣瀬百子さんの「百」から名付けられたブランドです。目が覚めるようなカラフルな配色と、まるでアートのような繊細なモチーフが特徴的。「いつもをハレの日に」をコ...
Read More
はじめるなら尾道がいい 尾道への移住ではじまる、マイペースなクリエイティブライフ。
はじめるなら尾道がいい 尾道への移住ではじまる、マイペースなクリエイティブライフ。
 SETOUCHI+10月特集は「 はじめるなら尾道がいい。」と題し、尾道に移住し、モノ作りをはじめた女性作家3名を特集します。  今、注目の「移住」。尾道を移住地に選び、町に背中を押され、自分のしたかったモノ作りを始めた3人。その作...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る