特集
広島県尾道市
尾道水道の夜、向島にて
尾道水道の夜、向島にて

尾道水道の夜景は美しい。きっとこれは夜の尾道を訪れた人には周知の事実かもしれません。

特に、尾道の山側から見る夜景は観光スポットとしても度々紹介される、尾道夜景の名所です。

しかしちょっと視点を変え、渡船で向島へ渡れば、海を挟んだ尾道の心奪われる夜が目の前に。溜息が出るほどの感動を約束します。

 

 

尾道水道は、尾道と向島を隔て、町の中心を通る海。幅200メートルの短さ故、「海」と名が付く「川」のような雰囲気と言えば、イメージが湧きやすいでしょう。

南北にかかる渡船航路は、現在3本。朝から夜まで、住民や観光客の足として、ひっきりなしに運行しています。

 

 

夜も更けると、向島へ戻る会社員や学生が、自転車、車、徒歩など、それぞれの帰路道を渡船に委ねます。今回、3本の航路の中から尾道渡船を使用。徒歩であれば、片道ワンコイン100円の運賃です。

 

 

フェリーを降り立つと、向島の兼吉地区へ到着。目の前に見えてくるは、大林宣彦監督の新尾道三部作「あした」の舞台となった呼子丸の待合所ロケセットです。映画好きにも、たまりませんね。

 

尾道市街と近いといえど、ここは島。本土より抜けのいい潮風に誘われて、海辺へ向かいます。待っていたのは、暖色のライトアップと、尾道のあらゆる明かりが交錯する海夜景です。

 

 

コンクリートの堤防に腰掛けて、ただただ向こう岸を眺めること30分。何もしない時間がこんなに愛おしいとは。

誰もいない。聞こえるのは渡船が行き交う音と、さざ波、そして自分の呼吸。それは孤独とも呼べる、忙しい現代には贅沢な、至高の時間。

 

 

この美しさを誰かに伝えたい。頭に浮かんだあの人に、「活版カムパネルラ」のメッセージカードを添えて、現像した写真と共に贈ったら、どうだろう。

きっと、喜んでくれるはずです。

 

 

帰りも、もちろん渡船を利用します。時刻表はなく、人が一定数集まれば、または一人でも動いてくれます。

この日の乗船は、たまたま一人。渡船も景色も独り占めです。

 

 

片道約5分。船旅というと短すぎる旅ですが、ただ渡るだけで見える尾道情景は、気付かないうちに、心に養分を与えてくれます。

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい

その他おすすめの記事

Related Posts

土地の営みに五感で触れる <br>瀬戸内を旅するワイン
土地の営みに五感で触れる
瀬戸内を旅するワイン
広島県沿岸のほぼ中央に位置する三原市。北部には空の玄関口「広島空港」が。南部には風光明媚な瀬戸内海が広がり、マダコなど海産物の名産地としても知られています。ワインのイメージが皆無だった場所に、突如として同市沿岸部に誕生したのが「瀬戸内...
Read More
築128年の歴史紡ぐ古蔵で醸す<br> 尾道仕込みのクラフトビール
築128年の歴史紡ぐ古蔵で醸す
尾道仕込みのクラフトビール
フルーティーでアロマティックな香り、甘みや酸味、苦みなどさまざまなテイストを五感で感じるクラフトビール。昨今、小規模な造り手による個性豊かなクラフトビールが全国に広まる中、瀬戸内の恩恵をたっぷり受けたビールをつくる醸造所「尾道ブルワリ...
Read More
解放感たっぷりの新展望台<br>尾道の眺望が映える新名所
解放感たっぷりの新展望台
尾道の眺望が映える新名所
ここ最近の尾道で、新しいビュースポットと話題になっているのが、「千光寺公園」頂上エリアの新展望台です。65年ぶりに建て替えられた展望台の名は「PEAK(ピーク)」。瀬戸内の島々の眺望を思いきり楽しめる、新名所をご紹介します。    ...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る