読み物
尾道のお土産 瀬戸内が詰まったイカ天・のり天セット「 ONO TEN 」
尾道のお土産 瀬戸内が詰まったイカ天・のり天セット「 ONO TEN 」

 尾道の定番お土産といえば、尾道ラーメン、レモン饅頭・ケーキ、デベラ、八朔大福などなど。まるか食品の「イカ天瀬戸内れもん味」も尾道の定番お土産として大人気のおつまみです。

 そして、瀬戸内の今を集めて尾道の天ぷらを進化させたのが「ONOTEN」。

尾道発祥のイカ天・のり天に瀬戸内ならではの素材をつかい、爽やかでおいしい、バラエティに富んだ尾道のお土産セットです。

 

 

【 目 次 】

港町「尾道」で生まれたイカ天

令和版「尾道の天ぷら ONO TEN 」

<イカ天瀬戸内れもん味>

<イカ天トマト&バジル>

<のり天尾道ライム>

<のり天小豆島オリーブ&ビネガー>

<のり天トリュフ&瀬戸内塩>

<まるか食品のイカ天>

<天ぷらの美味しさを決める植物油>

 

港町「尾道」で生まれたイカ天

 はるか昔、江戸時代に北前船によって北海道の産物「するめ」が瀬戸内海を通り大阪まで運ばれていました。瀬戸内沿岸から多くの物資が集まる「尾道」は北前船の寄港地のひとつとして、北海道のするめや昆布も多く取引されました。原料のするめが豊富にある尾道の魚屋さんのお惣菜としてイカ天は作られていました。私たちの先人は知恵を絞り、硬いするめを庶民が安価に栄養補給できる日常のお惣菜「イカ天」に加工してくれました。

 

 

 

令和版「尾道の天ぷら ONO TEN 」

尾道で育まれたイカ天は、広島ならではの広がりを見せます。

県民食「お好み焼」の人気具材としてニーズは高まり、広島県内には9社のイカ天製造メーカーが生まれました。

全国流通の70%が広島産。イカ天は広島の特産品へと成長しました。

県内の駅、空港、サービスエリア、お土産店では尾道のお土産としても販売されています。

 

 

そんな中、「イカ天瀬戸内れもん味」が誕生します。尾道のイカ天と広島のレモンが出会い生まれた、さっぱりなのにやみつきの味は瞬く間にひろがり、れもんイカ天は尾道のお土産を超え、全国的に知られる食品となりました。

 

瀬戸内らしい食品や雑貨を販売するECサイト「SETOUCHI+」は、尾道・広島に観光に来られる方のお土産として、新しく令和版の天ぷらスナックを企画いたしました。

スタイリッシュなパッケージは、広島や瀬戸内で活躍した名だたる武将たちから着想を得て、戦国時代の旗印をイメージしています。

 

おつまみとしてお酒のお友に、小腹満たしのおやつに、自信をもってお届けする瀬戸内らしく尾道のお土産に最適な5種類のイカ天・のり天です。

 

<イカ天瀬戸内れもん味>

 

 

大人気商品「イカ天瀬戸内れもん味」の酸味や味はそのままに、原料であるレモンを広島の有数レモン産地である瀬戸田産に変更。さっぱりしたレモンの酸味とイカ、植物油の旨味が相性良く、手がとまらない一品です。尾道のお土産として、より近く尾道を感じられる味わいです。

 

イカ天トマト&バジル>

 

 

広島県世羅町のトマトを加えたサクサクイカ天はさっぱりした味わいが特長。 世羅産トマトの豊かな香りが広がり、アラビアータのような甘味と酸味がクラフトビールと相性の良い組合せです。

 

<のり天尾道ライム>

 

 

尾道市高根島産のライムをサクサクのひとくちのり天にトッピング。 舌の上で弾けるライムの酸味が刺激的、海苔の風味と植物油の旨味が強い酸味を中和させるので食べ飽きない美味しさが続きます。レモンに続く新たな尾道のお土産です。

 

<のり天小豆島オリーブ&ビネガー>

 

 

香川県小豆島産オリーブを加えた豊かな香りが特長のひとくちのり天。太陽をたっぷり浴びて育ったオリーブは日本の地中海と言われる瀬戸内ならではの特産物です。

 

<のり天トリュフ&瀬戸内塩>

 

 

古くから瀬戸内は海塩の一大産地。広島県呉市蒲刈町生まれの海人の藻塩は塩味だけでなく甘み、苦味を持つ味わい深い瀬戸の海塩。香りづけにトリュフを加えました。同じく香りが特長のクラフトビールとの競演を楽しめる一品です。

 

 <まるか食品のイカ天>

天然の素材をていねいに加工し、最高級の植物油で天ぷらにします。

 

 

原料のイカはうま味のギュッと詰まった肉厚の胴部分だけを使用しています。200度で焙煎したアツアツのするめをローラーで噛みやすい薄さ(0.7㎜)まで伸ばします。香ばしい風味と噛むほどに染み出るうま味は柑橘類の酸味ととても相性がよい組合せです。

 

 

 

 <天ぷらの美味しさを決める植物油>

パーム椰子油、こめ油、ごま油をブレンドしたオリジナルのブレンド油は素材の美味しさを邪魔しないのが特徴。イカの風味と植物油のうま味に加えられる柑橘類の酸味。

唐揚げに加えるレモンが相性が良いのと同様に、天ぷらと柑橘類の味の変化は手がとまらなくなるやみつきの組合せです。

 

 

 

山、海、島、私たちが暮らす尾道は、その地形から北前船の寄港地となりスルメをもたらし、イカ天が誕生しました。その温暖な気候は瀬戸の風とともに多くの柑橘類を育みました。

まさに尾道ならでは。ここでしか生まれなかった尾道のお土産「 ONO TEN 」を旅行の思い出と一緒にお召し上がりください。

 

>商品のご購入はこちらから

 

TEXT:SETOUCHI+バイヤー 松枝

その他おすすめの記事

Related Posts

足に寄り添い履くほど育つ本革 気分も上質になるレザースリッパ
足に寄り添い履くほど育つ本革 気分も上質になるレザースリッパ
「おしゃれは足元から」という言葉があるように、お気に入りの靴を履いて出かける時には、なんだか身軽な気持ちになるものです。尾道でセミオーダーの革靴を展開する「イチリヅカシューズ」の靴は、履くとスッと包み込む優しさがあります。尾道へUター...
Read More
暮らしを優しく穏やかに包み込む 陶器アクセサリーが生まれる場所
暮らしを優しく穏やかに包み込む 陶器アクセサリーが生まれる場所
カラフルな色彩に、どこか北欧の雰囲気を感じるモチーフ。尾道の小さな窯から生まれる陶器のアクセサリーは、どれも繊細で美しいものばかりです。肌馴染みがよく、温かい雰囲気を醸すブローチやネックレスは、毎日の装いにさりげなく取り入れたいもの。...
Read More
しまなみ海道初のフランス料理店 人気店シェフに聞くピールの話
しまなみ海道初のフランス料理店 人気店シェフに聞くピールの話
広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶしまなみ海道の中心地、大三島。毎年冬になると、たくさんの柑橘で染まるこの地に、昨年、しまなみ海道初のフランス料理店「しまなみフレンチ Filer(フィレール)が誕生しました。こちらと関係深いのが、「SE...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る