読み物
広島県尾道市

夕暮れ時の船の旅
3分間の黄昏クルーズ

夕暮れ時の船の旅<br>3分間の黄昏クルーズ

尾道本土と対岸の向島の間では、渡し船が頻繁に運行されています。この航路は、地元の人々にとって通勤通学に欠かせないもの。もちろん、サイクリストや観光客にも利用されています。朝昼晩と休みなく運行している渡船ですが、夕暮れ時の航路は格別。尾道水道に沈みゆく、オレンジ色の夕日と海風を感じる、たった3分間の絶景クルーズへご案内します。

 

 

 

 

本土と向島にかかる渡船は、現在3本。中でも尾道市土堂の海岸通りに立つ「福本渡船」は、現在運航している最も歴史の長いフェリーです。赤褐色の桟橋と看板からは、古い歴史が感じられます。

 

 

 

 

片道運賃は大人60円、小児30円。チケットを購入する必要なく、向島の船着き場で支払います。電子マネーやクレジットカードは使えませんが、小銭をチャリンと渡す瞬間は、現代ではなかなか経験できないクラシックさ。

 

 

 

 

乗船時間は、約3分間。海を滑るように走る渡船からは、雲間に浮かぶ太陽がくっきりと。

 

 

 

空が夕焼け色に染まり、あたり全体を照らします。

豪華でも、派手でも、陽気な音楽もない。
ただそこにあるのは、渡船にまつわる生活音と、それぞれの日々を暮らす人々の往来。

 

 

 

 

何か目的を持たずとも、渡りたい。街から街への船の旅。

単なる移動手段ではなく、に乗ることそのものが旅の思い出になる。そんな稀有な楽しみこそが、瀬戸内的スローライフ。
3分間で何を思い、何を感じ、どんな夕日が顔を出してくれるのか。

ただそれだけのための渡船黄昏クルーズ。

夕焼け尾道は、どんな人も優しく包み、明日を照らしてくれます。

 

 

 

 

TEXT&PHOTO/大須賀あい

 

その他おすすめの記事

Related Posts

【コラム】今飲みたい尾道のクラフトビール<br>レモンラドラーと過ごす私と夏
【コラム】今飲みたい尾道のクラフトビール
レモンラドラーと過ごす私と夏
8月スタートから大々的にプッシュしている「尾道ブルワリー」の新作クラフトビール。その中でも「尾道レモンラドラー」が好きすぎて、毎日一瓶を開けているラドラー推しエディターが、ラドラーについてたっぷりと語るのが今回のコラム。夏と私とクラフ...
Read More
【特集】今年の夏は尾道ビールでグビッと乾杯!<br> ビールのお祭「ONOMICHI BEER FES」開始!
【特集】今年の夏は尾道ビールでグビッと乾杯!
ビールのお祭「ONOMICHI BEER FES」開始!
夏といえばビールの季節。キンキンに冷やしたビールが、普段より一層おいしく感じる本格的な夏到来です。2023年の「SETOUCHI+」は、「ONOMICHI BEER FES」と題し、尾道市で人気のブルワリー「尾道ブルワリー」の新作クラ...
Read More
【コラム】知らなきゃ損!瀬戸内果実の3種ジャム<br>暮らしが変わるジャムサンドの話
【コラム】知らなきゃ損!瀬戸内果実の3種ジャム
暮らしが変わるジャムサンドの話
過去、幾度も紹介してきた、尾道市の向島に工房を持つ「季節のジャムと日々のおやつ『cosakuü(コサクウ)』」のジャム。当店ではこれまで、瀬戸内が持つイメージをお伝えしようと、柑橘メインのマーマレードにフォーカスしてきました。しかし、...
Read More
トップへ戻る トップへ戻る